愛されるマナーで楽しい生活

LOVE MANNER LIFE

大人のマナー

結婚式の二次会の気になる男女比、会費の相場っていくら?

投稿日:

結婚式に招待する友人、同僚には日頃の感謝を伝えるために最高のおもてなしをしたいと思いますよね。

しかし結婚式だけでは自分たちのお色直し、ケーキ入刀などで時間はあっという間に過ぎてしまい十分に話せなかったり、もてなせなかったりとなんだか物足りなさが残ります。

そこで二次会を開催しもっと友人、同僚と距離を縮めて話したり、もてなしたりできます。

また二次会で出会いを求める友人、同僚もいるかも。そんな結婚式の二次会の男女比をテーマに紹介をします。

スポンサーリンク

1. 結婚式の二次会でゲストをもてなそう

結婚式に参列してくれた友人、同僚には最高のもてなしをして、自分たちの祝福をしてくれたお礼、これからもよろしくお願いしますといった気持ちを伝えたいと思いますよね。

しかし、参列頂いている人数によっては全員と話す時間も取れなかったりしますよね。

そんな時に二次会を開催して結婚式、披露宴であまり話せなかった友人、同僚へおもてなしができたら最高だと思います。

主役は新郎新婦ですが、ゲストは友人、同僚です。

幸せな姿を見てもらうと同時に、しっかりとしたおもてなしをしましょう。

2. そもそも二次会って必要なのか。

最近では結婚式の形態も色々あり、二次会を行わないこともあります。

例えば挙式は身内だけで済まして、披露宴兼二次会のような形式で行う式に私も参加したことがあります。

もちろんコンパクトで披露宴から二次会までの時間の空きもなく全体の流れはスムーズであった印象はあります。

しかし時間が短いとゲストとしても十分に新郎新婦と話したり、写真を撮ったりという事ができないなという印象がありました。

あまり遅くまで二次会をやると終電の為、途中で帰らないといけない等、ゲストが楽しめない要因が発生してしまいます。

それを考えると、最近の傾向では必ずやらなければいけないという事ではありませんが、ゲストに感謝する場を設けるという意味では、そういった場は多いほうがいいと思います。

スポンサーリンク

3. 二次会の男女比によって会費が変わる

二次会と言えば参加費が気になるところ。

二次会だけの参加者ならともかく、挙式、披露宴からの参加者となると、ご祝儀も頂いて参加費も払っていただく、ちょっと出費がかさみますよね。

参加費も事前に友人、同僚等に参加不参加の連絡をもらって、場所や予算を組むと思います。

基本的に男性のほうが少し多く頂き、女性のほうが少し少なく頂くというのがほとんどかと思います。

その方法で参加費を決めるのであれば、参加者の男女比というのは非常に重要になります。

女性の割合が多ければ、全体的に参加費が高くなる傾向があり、男性のほうが多ければ参加費は全体的に下がると思います。

しかし、男性の割合が多くなると女性が二次会に居づらいといったことにもつながります。

ですから男女比は半々くらいが会費も雰囲気もバランスが取れた感じになるのではないのかなと思い。

4. 結婚式からの二次会って疲れる

挙式、披露宴、二次会とほとんど一日かかることがほとんどです。

昼間からアルコールを頂いて、夜までとなると男女問わずに疲れるものです。

また女性は普段着慣れていないドレスやヒールで夜になればぐったりなんてことがよくあります。

そんな時に二次会が立食であると結構残念な感じになるものです。

立食であっても壁際に椅子があるとかであればいいのですが、ゲスト側としては疲れているというのが本音です。

二次会という場は楽しくて必要な場であると思いますが、雰囲気作りが大切になるかと思います。

男性グループが騒ぎすぎて女性グループがドン引きとか、静かになりすぎて盛り上がりに欠けるとか、ゲストをもてなすのにふさわしい雰囲気を作ることが大切です。

そのためにも男女比、人数、等と気にすると店に対して人が多すぎる、いい出会いがない、なんてこともなくなるのではないでしょうか。

5. 参加したゲストをもてなしましょう。

主役はもちろん新郎新婦です。ゲストはそれを祝福する為に参列しています。

しかし、めでたい日を迎えることができるのも、参列頂いている人たちの支え、支援があってのことです。

そしてこれからも支え、助けていただかなければならない大切な人たちです。

ですから、お祝いいただくことにはしっかりと感謝をし、その気持ちをしっかりとおもてなしで伝えましょう。

まとめ

1. 二次会ではしっかりとゲストをもてなしましょう。
2. 二次会は結婚式の形態によって有る無しが決まる。
3. 気になる参加費。男女比はしっかりと確認しましょう。
4. ゲスト側からすると、意外と疲れているのです。二次会…。
5. 自分たちも楽しむことは大切ですが、しっかりとしたおもてなしを。

結婚式の二次会の男女比ってあんまり気にならない方が多いと思いますが、実は会費を決めるのに重要な要素であります。

偏った楽しさ、おもてなしではなく、全体に対する気配りを心がけてすばらしい会になるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-大人のマナー
-

Copyright© LOVE MANNER LIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.