家族や親戚や友人の入院でお見舞金はいくら包めばいいの?

家族や友人が病気や怪我で入院いた場合みなさんはお見舞金を贈りますよね!!

そんな時思うのが「いくら包めばいいのか??」と考えちゃいますよね。

私も友人が入院したときどのくらい包めばいいのか迷いネットなどで調べたりもしました 。

包む金額はあくまでも気持ちです。

お見舞いにはマナーがあります。

知らないと後から自分が恥ずかしい思いをしてしまいます。

では今回はお見舞い金相場や縁起の悪い数字の金額、贈る際にお金以外のもので贈ってもよいのかなどお話ししましょう。

Sponsored Links

お見舞金の相場はあるの?

一番気になるのはいくら包めばいいのか?ですよね。

相手や立場によって金額は変わってきます。

一般的には3000円〜10000円が多いようです。

● 会社の場合
会社でも上司や同僚によって違いがあるかと思いますがだいたいの会社ではお見舞いや冠婚葬祭は一律で統一する会社が多いでしょう。

大体3000円〜5000円が相場だと思います。

もし、上司が入院した場合はお見舞い金のほかに品物(果物セットやお菓子セット)などを一緒に添えて持っていくのもよいですね!

● 親族の場合(両親や兄弟や祖父母、孫など)
長期で入院やけがにもよりますが一般的には5000円〜10000万円が相場ではないでしょうか。

もし、兄弟でお見舞いに行く場合などは兄弟と話あい金額を揃えてお見舞いにいくなど心がけるもの必要ですね。

お見舞金にNGの数字はあるの?

お見舞金で使ってはいけない数字があるので注意が必要です。

お見舞金にしてはいけないと言われている数字は4.6.9がタブーとされている数字になります。

なぜかの言うと「4は死、6は無、9は苦」を意味を連想させるためお見舞金にはふさわしくないため避けるようにしましょう。

Sponsored Links

お見舞金と一緒に品も持っていくべきなのか

お見舞い品については親族以外でひたしい友人にお見舞い金たど逆に相手に気を使わせてしまうようならばお見舞い品を持って行くのもよいでしょう。

食事制限がない場合はフルーツやお菓子や飲み物逆に入院生活が長い場合は漫画や雑誌や暇つぶしになるものもポイントの一つですね!

入院生活か退屈の為、雑誌や漫画を持って行くと退屈しのぎにもなり重宝されます。

よく、お見舞いでお花をお見舞い品として持っていく方もいるかと思いますがお花選びも重要なポイントです。

病院によってはアレルギーの可能性もある為お花をNGとする病院もあります。

まずお花をお見舞い品として持っていく場合は行く前に病院に聞いておくとよいでしょう。

お花選びも匂いのきつい百合、菊、椿、シクラメンなのばお見舞いにはNGとされているお花のため避けましょう。

死の意味合いもありますのでやめましょう。

逆にOKとされているお花は明るいお花やバスケットやかごに入ったお花やプリザーブドフラワーなどがよいでしょう。

お見舞いなので暗い色のお花よりは明るいお花の方がもらっても嬉しいですよね!!

面会の時間やタイミング

お見合いに行く時間帯も気を配る必要があります。
相手は入院中です。

面会時間は午前中に検査などで不在になる可能性がありますので、できればお昼寝過ぎ2:00〜3:00の間がよいでしょう。

お見舞いに行くタイミングもその方の体調や入院直後、手術後はなるでく控え1週間立ってからがようタイミングでしょう。

大人数でうかがうのは避けましょう。

周りにも迷惑がかかりますし相手は病人です思った以上に疲れますので時間も短めにしましょう。

また、子供連れのお見舞いは特に小さい子供は抵抗力も弱く風邪などのウイルスを病院に持ち込む可能性がある為、注意が必要です

もし子供を連れて行く場合は病室には入らずロビーなどで面会をすると良いですね。

まとめ

①お見舞い金の相場はいくら
②お見舞い金でダメな金額は
③お見舞い品は必要なのか
④面会時間のタイミング

お見舞いにも色々とマナーがあります。

家族ら友人又は会社の方のお見舞いでいざという時に恥をかかないように知っておきましょう。

お見舞いの大切ですが、まずは相手の容態を第一に考え入院中のため相手に負担をかけない配慮をしお見舞いにうかがうように心がけましょう。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする