お宮参りの写真ってどうしてる?スタジオでの撮影って必要なの?

赤ちゃんが生まれて最初のイベントであるお宮参り。

産後慣れない育児にいそしむなかで、あっという間にお宮参りの時期がやってきてしまい、焦っておられる方もいるのではないでしょうか。

そして何より、写真について!

まだ小さいのにスタジオで撮る必要あるのかしらと悩みますよね~!

スタジオで撮ると値段も高いのでは!?と気になりますよね。

そこで、お宮参りでの写真をどうすべきか。

撮影の相場などをご紹介していこうと思います。

Sponsored Links

お宮参りっていつするものなの?

お宮参りとは、氏神(うじがみ)様に赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、今後の成長と長寿を祈念するための行事で、赤ちゃんが生まれて初めて行う行事です。

生後一か月ごろに神社に参るのが一般的ですが、地域によって風習が違う場合があるので、ご両親に一度確認してみてくださいね。

最近では、生後の日数にこだわらず、お母さんや赤ちゃんの体調を考慮して、寒かったり暑い時季を避けて過ごしやすい季節に参る方も増えているそうです。

私はちょうど春生まれの子供だったので、生後一か月ごろの日曜日に家族で参拝しました。

生まれた時期によって変わってくると思うので、古い風習に縛られず、お母さんや赤ちゃんを第一に考えていくことも必要です。

無理のないように参拝できるのが一番ですからね。

スタジオ撮影って必要?

お宮参りは生後まもない赤ちゃんの初めての行事。

やはり記念として残しておいた方が安心だと思います。

なにせ撮り直しのきかない時期の撮影。赤ちゃんの成長はとっても早いのです!!

後悔しないように撮っておくことをおすすめします。

スタジオ撮影にこだわらず、プロのカメラマンに出張撮影を依頼するということもできます。

この場合の利点は何より自然な感じで撮影ができるということ。スタジオでの撮影時間を考慮すると、赤ちゃんへの負担は軽いかもしれません。

こちらの相場は2~3万円。

時期や土日祝などで料金も変動するかと思います。

しかし、スタジオ撮影ではやはりTHE記念!!といった特別感がありますよね。

私はスタジオ撮影をしたのですが、選ぶ写真の枚数やアルバムの種類によって違うのでこちらの相場は一概には言えませんが3万円~を想定しておいたほうがよさそう。

スタジオならではの特別な衣装を着て、何枚も写真を撮ってしまうと、あれもかわいい!これもかわいい!とどんどん枚数が増えてしまってお会計になった時にびっくりすることになります。

初めから着せる衣装を2着以内におさめておいた方がいいかも・・・

Sponsored Links

撮影中の赤ちゃんが心配なんだけど・・・

おそらく皆さん不安に思われるのが、撮影中の赤ちゃんですよね。

泣くのが仕事な赤ちゃんの記念写真ってちゃんと撮れるの?

私もすごく不安でした。

大丈夫かな?泣かないかな?写真撮れるかな?

無駄な出費になるだけは嫌だな・・・と(笑)

私が撮影した時も、ありとあらゆる手段を使って赤ちゃんの撮影をおこなってくれました。

そして皆さん赤ちゃんに慣れているんですよね。

赤ちゃんの扱いも易しく丁寧でとっても好感が持てました。

どこのスタジオでもお宮参りの撮影をしているところは赤ちゃんにも慣れていますので
安心してくださいね。

お腹が空くと泣いてしますので、撮影が始まるすこし前に済ませておくと安心です。

しかし、生後1か月だとミルクの時間も安定していない子もいますよね。

そういった場合に、100日祝い(お食い初め)の記念と一緒にお宮参りの撮影をしてしまうのも一つの手です。

かくいう私も100日祝いの時にまとめて写真を撮りました。

お宮参り当日はスナップショットで済ませ、100日祝いの時にお宮参りの衣装を着せてもらい記念としました。

生後100日を過ぎてくると首もすわってきたり、表情も増えてくるので、生後一か月だと不安だし心配だという方は100日祝いで撮影することをおすすめします。

まとめ

1. お宮参り生後一か月が一般的
2. 記念撮影にはスタジオが衣装が豊富でおすすめ
3. 赤ちゃんの撮影時期をずらすのも手!

以上、お宮参りについてまとめてみました。

生後一か月ごろとされていますが、赤ちゃんやお母さんの体調を考慮してよい時期に参拝するといいでしょう。

また、写真撮影はスタジオにこだわらず出張サービスなども検討し、ぜひ記念に残したほうがいいと思います。

初めてのビッグイベント、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても記念になると思います。

その記念を写真におさめて、赤ちゃんが大きくなった時に思い出として残せておけたらいいですよね。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする