幼稚園の送り迎え!化粧する時間がないけどやっぱりダメ!?

幼稚園、保育園の送り迎え毎日お疲れ様です。

お子さんを送り迎えしていて、朝もバタバタと過ぎていきますよね。

その送迎の時って化粧をしていますか?

そう聞かれると、いつもほぼスッピンの私はビクッとしてしまいます。

子どもが幼稚園に慣れるのも心配。だけど、送迎の時は化粧したほうがいいのかな?と気になりますよね!

これから幼稚園を考える私が化粧はすべきなのかどうか、まとめてみました。

来年から幼稚園だけど、不安だなと思っている方、ぜひ読んでみてください!

Sponsored Links

そもそも化粧は絶対に必要なのか

お子さんを送迎するのに、化粧は必要なのでしょうか?

この「送迎に化粧をするかどうか」というのは悩まれているママさんも多いようですね。

ネット上でも悩みがいっぱい相談されていました。

出産する前の私は、「ただ送迎するだけだから、化粧なんて必要ない!」と考えていました。もともとあまり化粧はしないほうでした。

しかし、出産し、子どもを幼稚園に入れようと考えるようになりました。

そこで、幼稚園の送迎のことを調べると、幼稚園や園のバスに送迎などで、他のママさんに会う機会が多いようでした。帰りに話すこともありそうですね!

そして、送迎の時に化粧はするのか調べると、スッピンで送迎をしている方もいるようです。

ここで少しホッとしました。私もほぼスッピンで過ごすことが多いですから。

しかし、送迎だけでも化粧は常識と考えている方も中にはいるようです。

母親でもある前に女でもある!と書かれているものもありました。

そんな意見を持っている人もいるんだなと思いましたが、考えてみたら、確かに、ずっとスッピンで送迎したら子どもが可哀想じゃないかなと考えてしまいました。

同時に化粧をしていないと、他のママさん達の輪に入れないのではないかとこれまた不安になってしまいます。

少しでも化粧をする工夫!私の場合

スッピンで髪はぼさぼさで、服装がだらしなかったらいい印象は持たないですよね。

逆に少しでも化粧をしていて、服装がきちんとしていて清潔感があれば、とってもいい印象になりますよね?

確かに朝は何かと忙しいですから、なかなか化粧なんてできないですよね!

私も、すっぴんのままで外出するのが多いですが、化粧をしなきゃいけない時は少し工夫しています!

工夫しているのは2点です。

1点目は、時間を作ることです。

私は毎朝5時半くらいに起きています。しかし、化粧をする時は、少し早く、5時から5時20分くらいに起きます。

すると、いつもより10分だけですが、余裕のある時間ができます!この時間を有効活用します。

そして、2点目は短時間で化粧をすることです。

フルメイクとなると、30分から1時間ほどかける方もいると思います。

しかし、そこまできちんとはできませんよね!

私は日焼け止め入りの下地+アイブロウ+リップだけメイクをしています。

ポイントを絞って化粧をするだけで、全然違って見えます。

時間は5、6分程しかかかりません。

それだけで、控えめですが、きちんとした印象になるのでおすすめです!

Sponsored Links

キレイでいたいけど、大事なこと

化粧をバッチリしてきれいなママもいいと思います。

きれいなママを見ていると、毎日化粧をしてキレイにしていなくちゃ!と考えます。

私はそうしてプレッシャーになり、できないと落ち込むこともあります。

だから、無理にする必要はないかと考えます。

そして、化粧をするのも大事ですが、まずは「清潔感」から気を付けていくことが必要かなと思いました。

ママさん達の中には、肌が弱かったり、アレルギーで化粧ができないママさんもいるようでした。

時間がどうしても作れなかったり、今日は体調が優れない。

と、人によって事情も様々ですよね。

スッピンでいても服をきちんと整え、マスクか帽子を被っていればきづかれないですし。

毎日化粧を無理にしなくてもいいと考えました。

子どもの機嫌もいいし、準備はできているし!

など余裕ができた時にでも化粧をしていけば負担にならないのかなと思います。

そして、背伸びをしすぎない自分らしいママでいることが大事だと思います。

まとめ!

1、 スッピンの人もいる。しかし化粧は常識と考えている方もいる。
2、 時間を作り、短時間で化粧をする方法もある。
3、 無理せず、キレイを目指そう!

スッピンの方もいますが、大人の常識として化粧はするべきという意見が多いようでした。

朝はなかなか時間を取ることが難しいと思います。

しかし、短時間で化粧をしたり、すこし服装などを整えるだけでも印象は違ってくるようです。

事情は人それぞれありますが、最初からがんばりすぎずに、少しずつキレイなママを目指してみてもいいと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする