愛されるマナーで楽しい生活

LOVE MANNER LIFE

恋愛のマナー

好きな人を忘れられない!辛い未練にサヨナラしたいあなたへ

投稿日:

「あの人以外好きになれない。忘れたくても忘れられない…」心臓がチリチリと焦げてゆくような想い…つらいですよネ。

私も好きな男性とお別れするしかない心痛を経験したので痛いほど分かります。

「もうあんなステキな人とは一生巡り合えっこない…」。

人生を悟りきったかのようなそんな事を、たかだかハタチ前後の娘の時に本気で思っていましたっけ…。

そんな私の経験もまじえ、好きな人を忘れたいのに忘れられない貴女にきっと役立つ4つのアドバイスをご紹介しますネ!

スポンサーリンク

1.とりあえず想い出のモノは処分する

まずは好きな人との想い出アイテムを全て処分しちゃいましょう。

プレゼント、日用品、写真、手紙、メール、連絡先、メアド…etc.  

私は好きだった人と交換したメールを思い切ってバッサリ削除しちゃいました。

人から“好きな人を忘れる方法”的なアドバイスをもらっても、彼をすぐに心から消すのは簡単じゃないハズ。

無責任に聞こえるかもですが…

たぶん、想い出のモノを処分したって忘れられないかもしれないのです。

でも、だからと言って処分せず残しておくのは…?

それでは相手を思い出してさらに苦しむキッカケが増えるだけですよネ?

ですから、とりあえず見えるモノから断捨離です。

SNSやブログで相手の様子をついチェックしちゃう事も無いように、ネット上のつながり、連絡先も消す、切るが大切です。

私自身も、相手を心から消すことに比べると、モノやつながりを断捨離しちゃう方がかなりカンタンでした。

というわけで、まずは忘れたい人との想い出のモノを全て処分です!

2.忘れられなくても前進する

次のアドバイスは、たとえ忘れられなくても、とにかく前進すること!

今思うと、私も傷心のままあえて前に進む中で、新たな楽しみ、幸せを見つけることができました。

大好きな人をムリに忘れようとし過ぎると、よけいにその人へと意識が向いちゃったりしませんか?

そんな時は、あえて忘れようとしないのもアリ。

泣きたい時には思い切り泣くのもアリです。

忘れるという“大仕事”は時の流れに任せましょう。

そうしておいて、とりあえず今出来ることをするのがオススメ。

新しい趣味・関心事・仲間を見つけたり、引っ越しで環境を変えたり♪

幼なじみとの旧交を温めたり、お互いの苦労話・失恋話を披露し合うのも気晴らしになるかも?

ただし、忘れたい彼との共通の友人・知人にはとうぶん接しない方が良いでしょうネ。

人間は忘れる生き物です。

新しい関心事・仲間・恋愛…etc. 

これらは彼についての記憶が薄らぐ早さをスピードアップしてくれるでしょう。

私の場合、大学時代に「こんなステキな人にはもう会えない」と思えた先輩がいました。

でも、大学での研究、就職後の仕事で生活も変わって行くうちにその想いもどんどん薄らいで行きましたネ!

というわけで、好きな人を忘れられないままでも、とにかく前進することが大切です!

スポンサーリンク

3.苦しみを成長のチャンスに変える

忘れたくても忘れられない。

そんな苦しい恋愛は成長のチャンスにできる事があります。

私も苦しい恋のおかげで自分の弱点、愚かさなどに気づかされ成長できた気がしますよ。

以前、私の父も言ってました。

「人間っていうのは谷底に突き落とされるほどの思いをしない限り、変わることができないんだ」と。

恋愛の苦しみも自分が変わるためのチャンスの一つなのかも?って思うんです。

大切なのは単なる苦しみに終わらせず、そこから何かを学んでチャンスに変えることです。

私も好きな人を忘れられない苦しみの中で異性を見る目も養われたかも?!

おかげで今は素晴らしい人と結婚して幸せに暮らすことができております。

というわけで忘れられない人のことで苦しんだ体験を成長と幸せのチャンスにしましょうネ。

4.好きな人 = 必要な人とは限らない

忘れられない人(好きな人)=本当に必要な人…とは限りません。

それを覚えておくと、忘れられない人を少しは冷静に見られるようになります。

私は学生時代に本で読んだこの忠告がパートナー選びにとても役立ちました。

探すべきは“あなたが本当に必要とする資質をそなえた人”です。

それがどんな人なのか考えておくのってすごく大切です。

「そんなの打算的でイヤだ。あくまで好きな気持ちに正直でいたい!」って思う人もいるかも?…

じつは私も最初はそうだったんです。

でも、大きく燃え上がって小さくしぼんでいく愛と、お互いにずーっと育て続ける事ができる愛…

あなたはどちらが良いですか?

愛情は大切です。

でも「好き」というだけなら、その相手との愛は前者になる可能性も小さくはないです。

あなたにとって必要な資質を持った男性との愛なら、お互いに一生かけて大きく育て続ける事ができます。

私も「私にとって必要な資質を備えてくれている」と思える人とおつき合いし、結婚したことで今の幸せに至ります。

というわけで、好きな人=必要な人…とは限らないことを覚えておくのがオススメです。

まとめ

1. 想い出のもの、つながりを全て処分する

2. 忘れられない気持ちを抱えたままでも前進する

3. 苦しい気持ちは成長のチャンスに変える

4. 好きな人が必要な人とは限らない

以上、私の恋愛経験もまじえ、好きな人を忘れたい貴女のためのアドバイスをご紹介しました!

これで、好きな人をすぐに忘れられなくても、幸せに向けて歩んで行くことができると思います!

そうそう。もっとステキな人に出会うため、自分の内面もさらに磨いておきましょうネ♪

関連記事

-恋愛のマナー
-

Copyright© LOVE MANNER LIFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.