愛されるマナーで楽しい生活

LOVE MANNER LIFE

食事のマナー

意外と知らない?イタリアンでの基本的なマナーや服装をご紹介!

投稿日:

フレンチよりもカジュアルなイメージがあるイタリアン。

少し高そうなお店だったら、恥をかかないようにマナーを知っておきたいですよね。

「食べる時のマナーって何?」

「どんな服装だったら失敗しない?」

基本的なマナー知識があれば、緊張することもなく楽しい食事ができますね!

スポンサーリンク

基本的なマナーを覚えておこう

初めていく場所は緊張しますが、かしこまった場所だともっと緊張しますよね。

「これ何?」「どうしたらいいの?」

と不安があると美味しい食事も味がわからないかも…。

■案内されてから席に座るまで

座る前からマナーは始まっています。

格式の高い店なら、ウェイターが椅子をひいてくれるので、椅子の左側から座りましょう。

荷物を置く場所がなければ背中と椅子の間に置いてくださいね。

コートや大きい荷物を椅子にかけるよりかは、お店の人にお任せしたほうが、慣れた感じでスマートですね。

携帯電話は必ずマナーモードに!

「綺麗なお店~!」とテンションが上がりそうですが、パシャパシャと写真を撮るのは、他のお客さんに迷惑になりますので遠慮しましょう。

電話をする時は席を外してトイレなどでしてくださいね。

お手洗いも済ましておくのもマナーですよ。

■ナプキンはどう使う?

「どのタイミングで、どうやって使うの?」と悩むかもしれませんが簡単です。

ナプキンがテーブルに置いてあったら、料理を注文した後に手に取りましょう。

食前酒が来る前にはヒザの上に置いてくださいね。

本来は少しズラして二つ折りにして、輪になったほうを手前に置くのが正しいようですが、広げるだけでも大丈夫!

口元を拭く時には、汚れが見えないように内側で拭きましょう。

席を立つ時にはナプキンの真ん中を持って三角形にし、椅子の上に置いておくのがベストです。

椅子にかける方法もありますが、汚れが見えてしまうかもしれないので、テーブルより上に置かないほうがいいですよ。

食事が終わったら、ナプキンは簡単にたたんでテーブルに置きましょう。

欧米ではグチャグチャにしてテーブルに置くことで、美味しかったですと表現するそうですが、日本ではあまり見かけないかもしれませんね。

綺麗にたたんでしまうと失礼になってしまうので気をつけて。

「面倒だからナプキンを使わずに、自分のハンカチやティッシュを使いたい。」と思うかもしれませんが、これはマナー違反!

「こんなナプキンは使えません」という意味にとられてしまいますので、気をつけましょう。

■テーブルマナーってどんなの?

カトラリーは外側から順番に使ってください。

もし落としてしまっても拾わずに、ウェイターさんに声をかけましょう。

イタリアンでは必ず出てくるパスタ。

本場のイタリアではスプーンを使わず、フォークのみを使うのが正しい食べ方です。

ですが、スプーンも用意されていたら、スプーンを使って巻きつけてもOK!

フォークのみ使う場合は、ソースが飛んだり大口を開けたりしないよう気をつけて、2~3本を巻きつけて少しずつ食べましょう。

2人で食べていて、お互いのパスタを皿ごと交換して食べるというのはマナー違反なので、やめておきましょう。

パンは一口サイズにちぎって食べるのがマナーです。

残ったパスタのソースにつけて食べるのも美味しいですが、格式の高いお店だと良くないので気をつけて。

ピザは手で食べて大丈夫。

一切れずつ自分のお皿に移して食べましょう。

チーズが落ちそうになったら、フォークで切ってピザの先端にクルッと乗せたら綺麗ですよ。

どんな服装がいい?

格式の高いお店でデートだと、胸元が開いたものやミニスカートなど、肌の露出が多い服装は下品に見えてしまいがちです。

また、カジュアルすぎる服装もアウト。

サンダルやジーンズ、Tシャツに短パンはやめておきましょう。

絶対に間違い無いのは、ブラウスにスカート、ワンピース、パンツです。

少しカジュアルなビストロでも、キッチリしている店もあるので、服装には注意しましょう。

ミシュラン級のお店の場合、ドレスコードを求められる場合があります。

男性の場合は襟付きシャツにジャケット、もしくはネクタイやスーツ姿、足元は革靴で。

女性の場合にはジャケットやスーツ、またはワンピース、足元はヒール、バッグはクラッチバッグやパーティーバッグなど。

「服は決めてたけど、靴は忘れてた…。」なんてことにならないように。

服装ばかりを気にしてしまいがちですが、ウェイターがお客さんを案内する時に、一番初めに見るのが足元だそうですよ。

バッグや靴までバッチリきめていきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

・ナプキンやカトラリーなど、基本的なマナーを覚えておこう

・服装はカジュアル過ぎず、鞄や靴にまで気を配ろう

せっかく美味しい料理を食べるのに、マナーや服装が気になっていてはもったいないですよね。

あらかじめ予習しておけば、上品で余裕のある人に見られてかっこいいですよ!

バッチリきめて、楽しい食事時間を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-食事のマナー
-

Copyright© LOVE MANNER LIFE , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.