寝不足の解消は出来る!?昼寝を上手にする為私が実践した簡単なこと

メディアでも昼寝カフェが紹介されるなど昼寝が注目されていますよね!

ただ、いくら疲れていても上手く昼寝が出来ないって人も多いはず。

子供の世話やストレス、仕事の付き合いで寝不足になってしまったり、、

私自身いろいろな理由で悩まされました。

でもほんの少し昼寝をするだけで生活は一変したんです!

そこで、私が実際やって効果のあった寝不足を解消出来る上手な昼寝の仕方を紹介します!

Sponsored Links

寝すぎてしまうのはNG

時間があるとついつい寝すぎてしまうんですよね。

これで何度失敗したことか!

寝すぎると頭痛はするし、夜に眠れない原因にも繋がっちゃいました。

そこで私がオススメする寝不足解消法は、まず昼寝の時間を10分〜30分にすること!

「今日は10分だけでも眠れそう。良かったー。」

「今日はたくさん時間があるけど昼寝は30分まで!」

って感じで時間設定をプラスに考えることでストレスも軽減されましたよ。

それでも寝すぎてしまいそうな人にオススメの寝方はこれ!

ベッドで寝ない

そう。ベッドだとぐっすり眠ってしまうんです。

気付いたら夕方になっていて「どうしよう!」なんて事も。

私の場合、ぐっすり眠らない為にも座って寝ています。

机に頭を伏せて寝る場合は体がカチカチになってしまいます。

起床後にストレッチをすることで解消できましたし、背もたれにもたれかかる場合はアイマスクを使用しました!

昼寝カフェや漫画喫茶など時間が限られている場所や慣れない場所に行って寝るのも良いですね。

とはいえ、不眠解消の為にお金をかけたくない私みたいな人は是非座って昼寝をする方法を試してみて下さい!

コタツで寝るのは駄目ですよー!

Sponsored Links

強い意志を持って眠りにつくこと

それでも時間があるとグダグダ寝てしまう過去の私の様な方にはこれに限る!

強い意志を持つこと。アラーム設定時に絶対スヌーズ機能を使わないとかね。

とはいえ、苦手な人は苦手なはず。そういう人は考え方を変えてみましょう!

まずは起きた後に予定を入れてみて下さい。

例えば、

・早めに晩御飯を作ろう

・ストレッチや運動をしてみよう

・明日の準備を終わらせてしまおう

という感じで、すぐ思いつく様な簡単な予定でも大丈夫。

早めにその日の予定を終わらせることで夜までの時間を有意義に過ごせますよ。

そして私が一番寝不足解消に効果があると感じたのはこれ!

深く長く呼吸をする

普段の呼吸の仕方を意識してみて下さい。浅くて短い人が多いはず。

心身の不調も実は浅い呼吸のせいで、深い呼吸の仕方に変える事で酸素が巡って体調も良くなると聞いて試したところコレが効果覿面!

睡眠を取る時も意識的に浅い胸式呼吸から深い腹式呼吸にする事でスッと眠れちゃったんです!

昼寝する時間が無いって人も夜寝る前の呼吸法を変えるだけでいつもより深い眠りにつけますよ。

腹式呼吸と胸式呼吸の差が分からない方は是非こちらの動画を参考にしてみて下さい。

呼吸に集中するだけで寝不足が改善出来ちゃうなんて凄く簡単ですよね!

まとめ

  1. 昼寝の時間は10分〜30分
  2. 座って寝ると寝すぎ防止になる
  3. 起床後の予定を立てるとグダグダしない
  4. 最後に、寝る前の呼吸を見直す

これが私が実践してきた簡単に寝不足を解消するための昼寝方法です!

上手に昼寝をするだけでその日の寝不足は解消され、夜もちゃんと眠りに着く事ができますよ。

騙されたと思って気軽に試してみて下さいね。