愛されるマナーで楽しい生活

LOVE MANNER LIFE

誕生日のマナー

誕生日の過ごし方♪友達・恋人と祝えない時もステキに過ごす方法4選

投稿日:

気がつくと今年も誕生日がもうすぐ…!

友達に祝って欲しいけど都合が合う人がいない、恋人もいない。

そう気づいて寂しくなる人って意外に多いみたいです。

私は「○○歳だね!」って言い合うのがウザったく、学生の頃から周りに誕生日をあまり言わない派。

仲良しな友人からもお祝いが無いのが基本です(笑)

が、祝われてる人を見るとちょっとウラヤマシイことも…!

そこで、友人や恋人と誕生日を祝う事が少ない私なりにステキに誕生日を過ごす方法を見つけたのでご紹介します。

1.一般的でオススメなのは家族で祝う誕生日

まずオススメは家族とマッタリ過ごす誕生日です。

私も母が焼いてくれた美味しいケーキで祝ってもらえる年はとっても幸せ♪

アンケートによると、1位は、日本の働く女性に多い誕生日の過ごし方は「家族と共に過ごす」

2位が「何もしない」と「彼氏と過ごす」でした。

ただし1位も2位も2~3割で大差なしという結果のもよう。

「友人と過ごす」という回答は1割前後みたいです。

なるほど、今の働く女子とって「家族と過ごす」か「何もしない」はメジャーな誕生日の過ごし方なんですネ。

友人・恋人と祝えない人も特に肩身が狭いと感じなくてもイイみたいです。

そういえば誕生祝いって、もともと日本に無い習慣なんです。

年齢が上がる日を元旦でなく誕生日とした“満年齢”が一般化したのも終戦後だったんです。

誕生祝いもその後でジワジワと普及したんですネ。

でも今の日本では“誕生日=祝ってもらう日”…って期待しちゃう風潮がありませんか?

私の周りにも「友だちや彼氏から何もなかったよ~ガッカリ…」って言ってた人がいてチョット複雑な気持ちになりました。

その点、家族になら甘えやすくないですか?

「私の誕生日もうすぐだネ。お母さんのケーキがまた食べたいなぁ~♪」っておねだりしたら母も喜んでくれそうです。

というわけで、まずは家族と過ごす誕生日がオススメです!

2.産んでくれた親に感謝する日にする

じつは古くから誕生祝いの習慣があったヨーロッパでは、誕生日は感謝の日。

誕生日を迎えた人が周りに…とくに親に感謝する日なんですね。

私もオトナになって「誕生日に一番すべきことって産んでくれた人に感謝することだよなぁ…」って気づきハッとしました。

「本来どういう日であるべき…?」って考えると日本も外国もいっしょかもですネ。

感謝を伝えることなら、実家から離れている人でもできます。

どうしても恥ずかしい人はメールや手紙で伝えてみるのもアリ。

私もすごーーく照れ臭かったですが…産んで育ててくれた事を感謝する手紙を自分の誕生日に届くように両親へ…。

そしたら、妙に達成感がわいてきてステキな誕生日になりましたよ。

誕生日はお母さんが大変な思いをして私を産んでくれた日…。お父さんも心配で大変だったろうナー。

ふさわしい日に感謝すべき人にそういう気持ちをきちんと伝える。

こうして人としてまっとうな事をしていると、自分の人生もどんどん上向いて充実してくる気がしますねー♪

というわけで、誕生日には産んでくれた親に感謝の言葉を伝えてみましょう。

スポンサーリンク

3.想い出を作る日にする

私は以前から行ってみたかったスポットに一人でお出かけした誕生日がステキな想い出になったことがあります♪

誕生日が休日でなければ仕事を早めに切り上げ、近場の名所や景色のキレイな所に行けるかもしれません。

「近場だし、いつでも行けるや」とつい後回しになり結局まだ行けていない、そんなスポットはありませんか?

誕生日こそ、そんなスポットや名所に足を向けてみると新鮮でステキな時を過ごせるかも!

一人で小旅行やスポット巡りをして私が感じること。

それは、誰かと一緒の時に比べて、その場の景色や雰囲気がよりダイレクトに目に飛び込んでくること、心にしみてくることです。

その分、想像以上にクリアな想い出を残すことが出来たりするんですよ♪

カメラやスマホをお供に、想い出の画像を残すのもGOOD。

というわけで、ステキなスポットで想い出を作る誕生日もオススメです♪

4.自分へのご褒美をする日にする

私はふだん頑張っている自分をねぎらうために、自分で自分を祝ってあげる誕生日をしたことがあります。

“自分へのご褒美”っていうやつですネ♪

前から欲しかったもの…可愛いアクセサリーや服を自分に贈るのもステキです。

好物のお料理やスイーツをこの日は特別に奮発して思い切り食べるのもいいですネ!

疲労回復や美容をかねてリラクシングなサロンや温泉に行ってみるのもアリ。

私は自分の誕生日に、贈り物用にしか買ったことが無いような高級スイーツを自分に贈って堪能しちゃいました♪

というわけで、自分にご褒美を贈る誕生日もオススメです♪

まとめ

1. 誕生日は家族で過ごす人が多い

2. 誕生日は産んでくれた親に感謝する日

3. モノよりも想い出を手に入れる誕生日にする

4. 自分へのご褒美を贈る誕生日にする

以上、友人や彼氏と祝えない時の誕生日の過ごし方を私の体験からご紹介しました!

これで型にハマった誕生日のイメージに囚われずに、自分ならではのステキな誕生日を過ごせますネ♪

そうそう。誕生日に一人で温泉を楽しむならフンイキ満点のお風呂つき個室を予約するのが女子にオススメです。

最近は女性お一人様用の温泉コースも色々そろってますよ♪

関連記事

-誕生日のマナー
-

Copyright© LOVE MANNER LIFE , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.